父 が 娘 に 語る 美しく 深く 壮大 で とんでも なく わかりやすい 経済 の 話。 「父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」(ヤニス・バルファキス著 関美和訳 ダイヤモンド社)

『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』を買ったのは、どういう人たちなのか?

父 が 娘 に 語る 美しく 深く 壮大 で とんでも なく わかりやすい 経済 の 話

たったこれだけのことなのです。 終わった後、 「で、君は誰だい?」と言われるんじゃないか、ってくらい引き込まれました。 2015年、の経済危機時にを務め、から財政緊縮策を迫られるさなか大幅な債務帳消しを主張し、世界的な話題となった• 哲学です。 1961年生まれ• そこそこの年月会社員をやっていると「唯一生き残るのは、変化できる者である」という進化論っぽい言葉を使ったプレゼンを何度か聞く羽目になるわけなのですが、だからこそ、この表紙の「逃げろ」という言葉に心をつかまれました。 併読本の中から気になるものをいくつか紹介しましょう。 クラウドファンディングは資本主義の救世主? 価値には お金で測る 市場価値と 名誉と権力などの 経験価値があります。

次の

アボリジニがイギリスを襲わなかった理由|ちびまり@旅好き・企業の採用担当|note

父 が 娘 に 語る 美しく 深く 壮大 で とんでも なく わかりやすい 経済 の 話

この格差を是正する方法は一部の富を得た人間が利益を分配すること。 経済に絡む個々の歴史的事象を、臨場感を持って理解できるようになるはずだ。 これに価値があると人間が判断しているからだと説明されています。 この本の、ここが読みどころ! 本書は、 「とにかくわかりやすい」、そして 「面白い」というところが特徴です。 それが利子の受け取りだ」 「封建制度のもとで貴族階級が支配的な地位を維持できたのは、政治と軍隊と法律と慣習のおかげだった」 「産業革命の原動力が石炭ではなく、借金だったことがわかっただろうか?こうして、ひと握りの人たちが富を蓄積し、それ以外の人たちは耐え難いほどの悲惨な生活おしいられるようになった」 「市場社会にとっての借金は、キリスト教にとっての地獄と同じだ。 25ヵ国で続々刊行! 25ヵ国で続々刊行! 今日紀伊國屋書店に来たのは神の思し召しではないかと半ば本気で考えた。

次の

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

父 が 娘 に 語る 美しく 深く 壮大 で とんでも なく わかりやすい 経済 の 話

ここを読んでいて僕が可能性を感じたのは「 クラウドファンディング」です。 今はビジネスパーソン向けのライフスタイル本に注目が集まっています。 ・資本主義の歴史がよくわかる この本の前半部分は いわば資本主義の歴史の振り返りとなっています。 多くの国では、人々は無償でしています。 今売れている『メモの魔力』が上位に入っていないというのも面白い点でした。 企業はによる競争を強いられ、われわれのほとんどはテクに縛り付けられ、テクに追いつかなければとますます焦っているからです。

次の

こんな父に諭されたい…『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話』【書籍紹介】

父 が 娘 に 語る 美しく 深く 壮大 で とんでも なく わかりやすい 経済 の 話

アクション/アド• 国家は通貨の価値を保証する存在として、信頼と権限を持つ必要があった。 それが『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。 ここでみんなが思い描いていた未来はやってこないことに社会が気づく。 どれも経験として大きな価値がある。 われわれは制約を嫌うけれど、制約は自分の動機を自問させてくれ、それによってわれわれを解放してくれる。 この読者の併読書を見ていきましょう。 娘がもっと大きくなって、給料のことや税金や貯金や……「株って何?」とか聞かれたらどうしよう。

次の

【書評・感想】父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。【ヤニス・バルファキス】

父 が 娘 に 語る 美しく 深く 壮大 で とんでも なく わかりやすい 経済 の 話

その意味ではちょっと拍子抜けする人がいてもおかしくはない。 人生100年時代に向け、頭と心だけでなく、カラダの事もしっかり気にするというビジネスパーソンが増えてきているという事でしょうか。 はその後、• 経済の入門書として、常識確認のために、新入社員や就活中の学生さんにも読まれていきそう。 資本主義というとすべてはお金で買えることができるという イメージが強いですが、 よく考えてみると、世の中のことがらは それでは説明できないことが多くあるということです。 著者について ヤニス・バルファキス Yanis Varoufakis 1961年アテネ生まれ。 今回の記事は 最近読んだビジネス書をご紹介する ビジネス書レビューの企画です。

次の

「凡庸な結論」の迫力がすごい、本気の経済書

父 が 娘 に 語る 美しく 深く 壮大 で とんでも なく わかりやすい 経済 の 話

ただ、私は、結構薦めてよいのでは?と思います。 父で娘で経済と来たらもうこれは出会いじゃないか。 上述の「そろそろ左派は~」は肯定派と否定派とかなり判れましたが、この経済論も物議を醸しそうですが、経済に関する議論が活発になるのはいい事だと思います。 もともとは経済学者ですが、実務家ならではの地に足のついた視点が特徴です。 何だか知ってるか? ウイルスだよ。 原因のもとを深く探っていくと、ふたつの特殊な『商品』の奇妙な性質に行き着く。 ・まとめ:実践的な経済入門書としておすすめ というわけでまとめです。

次の

ビジネス書レビュー「父が娘に語る経済の話」

父 が 娘 に 語る 美しく 深く 壮大 で とんでも なく わかりやすい 経済 の 話

何が違うか。 そして「父」と来た。 オーストラリアのような場所では余剰は生まれなかった。 小説、映画から、ギリシャ神話まで、 古今東西の知を総動員! 参考文献 映画 ジャレド・ダイヤモンド リチャード・ティトマス ロバート・L・ハイルブローナ マーガレット・アトウッド まとめ 「 父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。 大学で学ぶようないわゆる経済学の入門書ではなく、 どちらかというと実践に近く、 専門知識が全くなくても読みやすい本になっているなと感じました。

次の